ATL_Ashikaga Tablegame Laboratory

栃木県足利市で開催する「ATLコンベンション」のブログです. ATLコンベンションではTRPG/ボードゲームのプレイと参加者相互の交流を目指しています

【テーマ:ディストピア】Paranoia2nd@NEMOさん

NEMOさんから、テーマ「ディストピア」に沿ったシステム「Paranoia2nd 」の紹介文が届きましたので、ご紹介します。

1.GM名:NEMO
2.システム名:Paranoia2nd
3.募集PL人数:3~5名
4.TRPG初心者対応:0名
5.システム初心者対応:5名まで
6.使用するルール・サプリメントなど:なし
7.プレイヤーキャラクターについて:プレイヤーが作成する
8.説明
舞台は核戦争後のシェルター内の都市αコンプレックス。ここはユートピアです。ここの住人はみな幸福です。幸福でない者は存在を許されません。もし幸福でない者が存在するならば、それはこの都市を破壊しようとしている反逆者です。 
そう、反逆者です。ユートピアたるαコンプレックスはこういった敵に常に狙われ続けています。支配者The Computerはそう信じています。敵とは例えば反逆者であり、ミュータントであり、あるいは秘密結社の一員です。奴らのせいで、このαコンプレックスはいつ破壊されてしまうかもしれません。 
PCたちはその敵から都市を守るトラブルシューターとなり、トラブルを解決するのです。 

ですが、大切なことがあります。PCは例外なく反逆者で、ミュータントで、秘密結社の一員なのです。そして、それは他のPCたちに「秘密」です。つまりバレたらあなたのPCは、他のPCに殺されます。逆にあなたがそれら反逆者を見つけたら、処刑しなければなりません。反逆者を処刑しないものも反逆者だからです。 

こんな世界ですから任務達成は非常に難しいゲームです。ですがその任務失敗の責任は取らなければなりません。誰が? 「あなた以外の誰かが」です。 
すなわちこのゲームは、PC間で反逆者を見つけだし、任務失敗の責任を押しつけあうゲームでもあるのです。 

このような殺伐としたゲームなので、非常に致死率が高いゲームです。ご安心ください。このゲームはPCの命は一人につき6つあります。6回まで死ねます。 

こんな酷いゲームですから、参加なさる方は現実とゲームの区別をきちんとつけて、「ゲームはゲーム」と割り切り、自分のPCが殺されても笑い飛ばすようなおおらかさを持ってください。 
むしろこのゲームは「自分のPCの命をネタにしてボケるゲーム」だと思うほうがいいかもしれません。ツッコミはレーザーガンというわけです。 

【テーマ:クライム】サタスペ@あーくうぃざーどさん

あーくうぃざーどさんから、テーマ「クライム」に沿ったシステム「サタスペ」の紹介文が届きましたので、ご紹介します。

1 GM名:あーくうぃざーど
2 システム名:サタスペ
3 募集人数:4~5名
4 TRPG初心者対応:2名まで対応可
5 システム初心者:5名まで対応可(全員でも可)
6 使用するサプリメント:ロケットNO1、デッドマンウォーキング、サタスペスペシアル、R&R94号
7 キャラクターについて:プレイヤーが作成する
8 説明:
※このゲームはPG-15(15歳以上推奨)作品です。本作品には性・暴力・麻薬・残酷などにまつわる表現が含まれます。

我々の歴史とは大きく異なる歴史を歩んだ犯罪都市・大阪を舞台に、金になるなら何でもやってのける現代の冒険者「亜侠」達の物語。通称「”ボンクラ”イム・アクション」

ただ今回は少しハードなクライムアクション寄りなシナリオで、ターゲットの暗殺を請け負っていただきます。しかし、暗殺対象の通称しか知らない皆さんは、ターゲットが逗留するホテルに従業員として潜入し滞在している客の中から目標を探しださねばなりません。
限られた時間の中でターゲットを討つことはできるのでしょうか?
 
注:このシナリオはR&R誌・94号に掲載された「アジアンパンク・ホテル」です。もしシナリオの内容をご存じの方はご注意ください。

第6回 ATLコンベンション開催のお知らせ

来る2012年12月2日(日)に第6回 ATLコンベンションを開催いたします。

今回でATLコンベンションは終了となりますが、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

続きを読む
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ